旅に、出た。

バス乗ったり、島行ったり。マニア2人の共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

タグ:北海道

こんにちは てらです。
在来線特急が縦横無尽に走り回り、いろいろな地名が表示板に表示される在来線の駅も少なくなった。
新幹線ネットワークが張り巡らされていることの証左でもあり、利便性を享受している側としてはありがたいことである。
北海道最大のターミナル、札幌駅。高度経済成長期を経て民営化の前後で鉄路の縮小は加速度的に進み、最大の路線網を誇っていた頃と比べると見る影もなくなってしまったが、それでも大きな都市の地名が表示板に踊る。
_MG_6359
独特の盲導鈴の電子音と、この黒基調のサインは札幌に来ていることを思い起こさせる。
_MG_6360
札幌駅は東西に改札口があり、ずらっと改札と行先表示板が並ぶのが特徴的。
_MG_6361
新型感染症の流行時期と来訪時期の関係からコンコースはがらんとしていた。
_MG_6320
函館線下りならびに千歳線上り方面の時刻表。函館本線は函館から長万部、小樽を経由して旭川に至る路線なので江別、岩見沢、旭川方面は下り、千歳線は苫小牧から札幌に至る路線なので札幌から千歳、苫小牧方面は上り。路線の敷設の歴史を踏まえれば当たり前なのかもしれないがちょっと混乱する。
_MG_6310
在来線特急が少なくなって吊り下げタイプの乗車位置案内を見かけることも少なくなった。カムイ、すずらん、オホーツク、ライラックと豪華な名前が連なる。道内は函館方面、帯広、釧路方面も特急が走る。
_MG_6311
駅そば屋の弁菜亭の湯気が寒い冬はそそる。
_MG_6312
これは明り取りの窓…?と思ったのだが、ディーゼル車の排気を逃がす換気口の役割も兼ねているようだ。
雪を纏った気動車特急が停泊していると様になるのだが…。
_MG_6316
各ホームには立ち番の係員がおり、終客相図と出発指示表示が表示される。もともとホーム目いっぱいまで列車が止まっていたころの名残なのだろうが、おおぞらや北斗が短編成化され、ブルートレインが無き今、目いっぱい止まる列車があった時代の証人の一つだろう。
_MG_6313
3両編成の普通が佇んでいる姿はがらんとして見える。
_MG_6323
新型感染症により旅客の往来が少ない時の写真だらけだが、また通勤客や旅行者でにぎわう日々が戻りつつある。

(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。
函館市電の終着駅はどこも味があるので、どの電停も思わず記事にしてしまいました…。
R0031806
うれしいことに金太郎塗装の800形に乗ることができた。大半が8000形や8100形に車体更新されてしまったなか、しぶとく登場時に準じた姿を保っている。
R0031807
運転台にかけて裾が絞られている船のような形をしていて窓枠や座席からも湾曲しているのがわかる。
_MG_5209
終点の函館どつく前 せっかくなので折り返していく812号車を見送ることにした。
谷地頭と比べるとやや簡素なつくりの電停。周りは「どつく前」という名前からもわかる通り工業地域の様相だ。
_MG_5213
812号車を見送ってからやってきたのは716号車。これまたなかなか年季の入った車両なので運がいい。
_MG_5327
降雪はないものの一気に気温が下がった17時頃、どつく前に入らない運用だと思っていた812号車が運用に入るようだったので、日が落ちてから再度どつく前を訪問。造船所の最寄りの電停ということもあり海から近いので海風を待ちながら電車を待つのは寒い。
_MG_5335
17時を過ぎてこの暗さ。真冬の函館である。函館市電の標準カラーによく似た美鈴珈琲のカラー広告をまとった8100形。
_MG_5340
谷地頭とはまた違った雰囲気の漂うどつく前電停。土曜ということもあって造船所の操業がないからか17時なのにしんとしていた。
_MG_5343
電車を照らす街灯。折り返し時間を静かにまつ電車。わずかな乗客を乗せて出発していった。

よろしければこちらもぜひどうぞ


(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。
車庫の様子をみてみたいという邪な気持ちから湯の川温泉に宿を取り、車庫を眺めては温泉につかるというぜいたくの限りを尽くした。
翌日は冷たい雨。雪だったら電車を撮るのに映えるのになと思いながら思い切って乗り鉄と観光に費やすことにした。
_MG_5216
宿から2つ目、函館市電の東側の終点、湯の川。
_MG_5221
電停を降りると左手に鳥居が見える。湯倉神社。湯の川温泉の起源となっているそうだ。
_MG_5224
社殿の右手に神兎というなでることができる兎があるのですが、見過ごしてしまった…。今年は兎年なのにもったいない。
_MG_5231
湯の川を出た電車はS字を書くようにして湯の川の温泉街へ向かう。
_MG_5217
低床車のらっくる号がやってきた。
_MG_5220
函館の電停の終着駅はすべてY字型になっており、後者ホームと乗車ホームを分ける形になっている。
もう少し列車の往来を見てもよかったのだが、雨が降り続いているので暖を取るべく電車に乗り込んだ。

こちらもよろしければ是非どうぞ。


(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。
先日、初めて函館市電をじっくりと撮影する機会があった。
函館自体は海峡線を走る夜行列車にお熱だった7,8年前に2回ほど立ち寄ったことがあるのだが、路面電車を撮るのは初めて。
SNSでお世話になっている方にお声かけいただき、530号車のフォトランに参加した。
_MG_5065
どこで撮るかかなり迷った挙句、予想外に天気が良かったので逆光覚悟で谷地頭の電停を出発するところを函館山の稜線をいれて1枚。
悲しいかな、90年ぶりに1月に10度台を記録した函館、路面の雪が融けつつあるのがちょっと残念ではあるが…。また来る理由があった方が趣味として張り合いがある。
_MG_5363
折角いいロケーションだったのに、電停をきちんと撮っていないのはもったいないなと感じ夜に再訪。
函館市電は終電はそれなりに遅いものの、十字街~谷地頭・どっく前の末端部は19時台から30分間隔となってしまう。
なかなか電車を絡めて撮るにも忍耐がいるように感じると思われるかもしれないが、待合室があり海風を防げるのでありがたい。
函館市電の駅名標はいくつか種類があるのだが、バス停タイプの赤い駅名標が個人的にはお気に入り。
_MG_5360
電車が時間通りにやってくる安心感は大きい。住宅街に囲まれた静かな電停。空気圧縮機の音と自動放送の音声が流れるのみ。
_MG_5365
1つ隣の青柳町から谷地頭にかけては、大きな坂をゆっくりと下っていく。車通りも少ない中、線路を照らす二筋の光が見えてきた。
_MG_5366
日が短く17時前には暗くなってしまう函館の冬。
19時過ぎの電車は私ともう一人を乗せてせせこましく湯の川行きとして出発していった。

こちらもよろしければ是非どうぞ


(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。

格安航空会社のピーチアビエーションとJR北海道がコラボした企画切符を発売しており、4日間でJR北海道の指定区間の特急自由席券込みで9,800円という切符が期間限定で発売されていた。
ピーチアビエーションは大阪府の関西国際空港から新千歳空港と釧路空港の二つに就航している。
新千歳空港は北海道へ行く際に何度か利用したことがあったため、今回は釧路空港を利用することにした。
_MG_9351
_MG_9353
釧路市中心部と釧路空港の間は阿寒バスによる路線バスが運行されているが、今回は阿寒町方面へ観光していたためレンタカーを利用した。阿寒町は記事にするほどじっくりと回れていないので写真で簡単に紹介する。

実は私は日本野鳥の会の会員で、かれこれ旅行と同じくらい細く長くやっている趣味の一つである。野生のタンチョウが越冬できるような環境を整えているそうで、タンチョウを見るのは初めてだったのだが、警戒心の強い鳥だと思っていたので近くまで来て拍子抜けしてしまった。

釧路空港の玄関ではシマフクロウとタンチョウヅルがお出迎え。どちらも数を減らしている野鳥だ。
_MG_9349
_MG_9348
こじんまりとしたターミナル。先ほど紹介した阿寒バスが航空機の到着に合わせて運行されている。
_MG_9356
釧路空港は1961年に開港した空港で、開港当初は滑走路も1200m程で北海道内の便のみが運行していたこじんまりとした空港であったが、東京、大阪便の就航や不定期のチャーター便であるものの国際線も運転されている。
海から5㎞内陸、釧路市街からは20㎞ほど離れており季節によっては霧に悩まされることも多いようだ。
_MG_9355
航空便は東京(羽田、成田)、札幌(丘珠、新千歳)、関空の3方面。そのうち成田と関空便はLCCのピーチアビエーションが就航している。ちょうどピーチアビエーションのチェックインが始まったタイミングだったため列ができていた。
_MG_9357
_MG_9358
_MG_9359
二階が保安検査場と出発ロビー、三階が売店と展望台になっている。
_MG_9360
18237
_MG_9361
_MG_9362
出発までまだまだ時間に余裕があったため三階で帯広名物の豚丼をいただき、展望エリアで飛行機の往来をしばし眺めた。
18238
出発ロビーも端から端が見渡せるこじんまりとした空港であった。

(このページの作成者 てら)

↑このページのトップヘ