こんばんは、いしです。

栃木県鹿沼市には、かつて関東自動車が走らせていた路線バスを代替した市営バス「リーバス」が走っています。鹿沼市は市域の西側に山があり、西にある山々から東に向かって川が流れていく地形になっているため、リーバスも山の谷筋に沿って西の集落から東に向かって各路線が走っています。各路線は、一部例外はあるものの、東側で東武鹿沼駅に集約され、そのままJR鹿沼駅まで走っています。

この日はリーバスで最も本数の多い古峰原線に乗車しました。

IMG_2898
(写真は終点古峰神社にて)
IMG_2896
前述の通り古峰原線は鹿沼駅〜新鹿沼駅〜古峰神社を結ぶ路線です。2022年6月現在は上下計18本走っていますからコミュニティバスとしてはかなり乗り易い部類かと思います。ただし乗り通すと片道約30分はかかり、市街地区間も山岳区間も走り、車両も路線バスの車両(小型ではない)なことから、ボリューミーな路線で、乗りごたえ十分です。
IMG_2900
運行は関東自動車なので車両も関東自動車です。Twitterなどを拝見していると、どうやら、日によってはとんでもなく古い車両が走るようですね。
IMG_2834
東武の新鹿沼駅から乗車して市街地を通り抜け、だんだんと山が迫ってきて山の中を登っていった終点には、古峰神社があります。由緒正しい神社のようで門前にはお茶屋もありました。午前から営業しているので、早めの朝食も可能な点が嬉しいところです。
IMG_2835


IMG_2838
IMG_2856
古峰神社は天狗で有名で、中に飾られた大きな天狗は一見の価値ありです。お茶屋のおかみさん曰く、近頃は御朱印でも有名な神社なんだとか。

IMG_2870平日のみ営業ですが、神社の中には簡易郵便局もありました。

ちなみに、古峰原線を午前に乗車しておくことで、午後はリーバスの他路線への乗車が可能になります。この日は午後に上久我線に乗りました。
また、リーバスは車内でもリーバス回数券を購入できます。古峰原線だけでなく他路線も回る場合は、車内で買っておくのがおすすめです。

(このペイジの作成者 いし)