旅に、出た。

鉄道乗ったり、島行ったり。学生時代からの友人との、共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

タグ:有人島

こんにちは てらです。
前編の続き 小豆島編です。
お昼を頂いた後は、しょうゆ工場の見学へ。小豆島と醤油の関係は深く、江戸時代より醤油づくりが行われている。明治時代には佃煮やそうめんと並んで醤油が特産品の一つに数えられるほどだ。
_MG_4555
まずはということでマルキン醤油の工場に併設されている博物館にお邪魔した。
_MG_4556
_MG_4560
_MG_4557
写真はすべて立ち入りが許可されている区域より撮影。時たま、立ち入り禁止の札を越えて立ち入っている観光客がいるようだが、立て札がきちんと設置されているのでくれぐれも気を付けて。
この近辺は醤油蔵が数多く立ち並んでおり、特に木桶で漬け込んでいるしょうゆ工場も数多くある。
_MG_4567
_MG_4568
そのあとに我々が訪れたのはヤマロク醤油の工場。ここでは案内付きの工場見学を事前予約なしで行ってくれる。我々も飛び込みだったか快く引き受けてくださった。 
_MG_4565
醤油を漬け込んでいる桶。直径は1m半以上あった。
_MG_4566
桶には醤油のもろみがついてうっすら白くなっていた。

翌日は天気も良く景色の良いスポット二つを巡った。
_MG_4580
エンジェルロード、干潮の時刻を中心に3時間程、こうして島と島の間に道が現れる。干潮の時刻にあわせて行ったらあんまり道ができている感じがしません…。日曜日ということもあり多くの観光客が訪れていた。
_MG_4581
_MG_4583
最後に訪れたスポットは島の中心部に位置する寒霞渓。頂上へは車のみで上ることも可能なのだが、ロープーウェイに乗って渓谷の谷の部分を見ながら行くことにした。
_MG_4588
ギラリと輝く湾内を背にどんどん登っていく。
_MG_4587
もともと小豆島は海底火山によるマグマが冷え固まって隆起してできた島であり、寒霞渓では火山活動によってできた安山岩、集塊岩が織りなす渓谷美を見ることができる。
_MG_4597
前編のオリーブ公園より高い位置から望む小豆島南西部 正面に見える島のようにくびれている半島が田浦 奥に見えるのは四国側の香川県
_MG_4598
鳴門大橋もちょこっと見ることができた。

(このページの作成者 てら)

どうもてらです。
坂手港から降り、早速小豆島の観光をスタートということで、小豆島編を前編、後編の二部構成でお送りします。

坂手港は草壁や池田、土庄の各港と比べると市街地がやや遠い。
今回はバスで土庄の市街地まで出て、そこでレンタカーを借りることにした。
小豆島レンタカーさんならば、港から乗車、降車できるサービスをやっているので行きと帰りで違う港を使うヲタクには嬉しい。(土庄港からは無料の送迎もある)
s__MG_4449
最初に向かったのは土庄の市街地の真ん中にある土淵海峡。いきなりディープスポットだ。ギネスブックでも認定されている世界で一番狭い海峡である。町役場のそばにあるため、ちょっと車を役場に止めさせていただいた。
s__MG_4450
証明書もいただた。土日なので発行作業に当たる当直の人がちょっと気だるそうだったが、当直ってしんどいですよね。(突っ込むところはそこか)
s__MG_4454
s__MG_4462
土庄の中心部は狭い路地が入り組んでおり、迷路のまちと呼ばれているほどだ。
石垣や渋墨塗りの家屋が目立つ。
s__MG_4468
ふと路地を見上げると三重塔 西光寺の三重塔だ。西光寺は高野山真言宗の寺社だそう。確かに色遣いや建築も似ているかも。
s__MG_4474
三重塔から街並みを望むも、曇り…。西光寺の正面に回ってみるとしよう。
s__MG_4478
西光寺仁王門
s__MG_4480
西光寺から町役場までの帰り道。目線を落とすと、レトロな消火栓とホーロー看板。
s__MG_4490
天気も良くなってきたのでオリーブ公園へ。公園では様々な品種のオリーブが栽培されていた。
s__MG_4485
オリーブ公園から湾内を望む。左手に見えるのは小説 二十四の瞳に出てくる田浦地域。
s__MG_4488
公園の近隣には園芸用品やハーブを扱う店が建ち並んでいた。
s__MG_4498
このギリシア風車は、ジブリでも有名な作品の一つである魔女の宅急便の景色をほうふつとさせるということで、インスタグラム等で良く紹介される観光地の一つ。道の駅でほうきの貸し出しもあったりする。そんなわけで土日に行くとこういう感じで人が映り込まないように撮るのもちょっと一苦労。
ここから、30分ほど車を飛ばして山間部へ
s__MG_4510
島に山間部…? と思われる方もいらっしゃると思う。実際私も行く前は地図を見てもピンとこなかったのだが、最高標高が800m以上あり、島内にある星ヶ城山は四国百名山にも選ばれているそうだ。
s__MG_4537
島では珍しい棚田、中山千枚田。耕作放棄地もところどころあるものの、観光地として景観を保つ目的もあってか、多くが耕作されていた。
s__MG_4528
島のお米やサワラ魚の天ぷらなど島の特産が満天のこまめ食堂でお昼をいただいた。

後編へ続く。
おことわり:観光ルート上、小豆島町と土庄町を分けると読みづらいのでいった順に紹介していきます。

(このページの作成者 てら)

どうもてらです。
いしの専売特許のようになっている乗船記、有人島の探訪記だが、先日小豆島へ行く機会に恵まれたので更新します。
小豆島と本州を結ぶフェリーは岡山県内を中心に複数あるが、三宮発、高松経由の夜行便は京阪神から便もよく、翌日は7時過ぎに小豆島に着くことから行動しやすい。今回は三宮フェリーターミナル25時発の小豆島坂手港行きを利用した。
s__MG_4392
スタートは深夜の三宮駅。フェリーターミナル行きのバスに乗り込む。23:30発の便は三連休前の金曜日ということもあり通路まで満員だった…写真はフェリーターミナルのバス停から撮った折り返し便のバス。
s__MG_4394
三宮フェリーターミナルは簡素だがなかなか機能的。3階建ての建物のうち、1階で乗船手続きを行う。
バスの到着直後はごった返していたのだが、20分も経つとバス以外(徒歩、自動車で乗船する人)が発券していたもののまばらだった。
s__MG_4411
建物の3階は展望スペースとして神戸の街並みを望むことができた。フェリーターミナルからポートアイランド方向を望む。
客室は多層建てになっており、2階は指定席、3階は横になれる座敷スペースが併設されている。
お客さんが多くて船内の座席の写真はない…あしからず。
s__MG_4431s__MG_4422
このフェリー便は三宮港→高松港→小豆島坂手港→三宮港というコースで航行する。
高松港に到着するとお客さんが入れ替わり目が覚める。同時に空が白んでいることに気が付く。
写真は高松を出て屋島付近を航行しているところを3階の甲板より撮影。
s__MG_4420 (1)
2階の客室の隣に併設されている土産物店はお菓子やら特産品やらお酒やら…旅行のスタートに荷物が大きくなるのは避けたいのだが見入ってしまう。
s__MG_4433
s__MG_4416
ニャンコフェリー名物のうどんを朝ごはん代わりにいただく。写真は小豆島の醤油のおかきをトッピングした小豆島うどん(400円) うどん用カウンターが船内にあり、せっかくなので景色が見える窓側のカウンターでいただいた。
s__MG_4421
s__MG_4435
午前7時過ぎ小豆島の街並みがみえてきた。
s__MG_4439
オリーブのマークが掲げられていながら「ここは醤油と佃煮の町」はて…
そんなわけで小豆島の坂手港に着岸した。
s__MG_4441
s__MG_4440
坂手港の待合室。船を降りて正面に観光案内所があり、朝早くであるにもかかわらず、係員さんがレンタサイクルの貸し出しや宿、レンタカーの予約手配の代行を行っているようだ。
ここから小豆島編へ続く
(このページの作成者 てら)

こんばんは、いしです。

奥尻島シリーズ、最後の記事です。

奥尻島には空港があり、日に1便だけ、函館行のJAL便が就航しています。
IMG_4994
空港ターミナルは、新しく綺麗。
IMG_5075
奥尻空港にアクセスする道の、空港手前の道を曲がると、かつての奥尻空港ターミナル跡(廃墟)がまだ残っています。昔の滑走路も一部残っていて、Googleや国土地理院の航空写真で上から空港を見ると、その様子がよく分かります。
IMG_4995
こちらは、新ターミナルの空港カウンタ。飛んでいるのは北海道エアコミュータ(HAC)ですが、空港はグループのJALのマークです。
IMG_4996
時刻表はシンプル。日に1便です。宿の方には、空路で帰ると言ったら驚かれましたので、滅多なことのない限り使われないのだと思われます。
IMG_5017
カウンタ隣で保安検査を抜けると、ガラス張りの待合室で待機することになります。ここでは奥尻島の天然水が冷蔵庫に保管してあって、無料で頂くことが出来ます。
IMG_5019
函館から飛行機がやって来ました。折返し便で函館へ向かいます。この機体、もうすぐ引退だそうです。
IMG_5078
タラップから乗り込みます。
IMG_5021
機内は、1-2列の配置。人生で最も小さな機体でした。
IMG_5079
離陸後しばらくは、奥尻島が見えます。改めて、島の大きさを感じられました。

函館まではわずか数十分。あっという間のフライトで、もうすぐ日常です。


(このペイジの作成者 いし)

こんばんは、いしです。

IMG_4987
奥尻島の玄関口、奥尻港です。役場もある、島の中心集落「奥尻」にあります。ここからは、町の集落を巡る町有バスも発着しています。
IMG_4989
北海道の市町村に必ずあるカントリーサイン、奥尻島は、港に面した県道に建てられていました。
IMG_4991
奥尻集落にある交差点から、島南部を見ていると、奥から町有バスが走ってきました。車体はいわゆるマイクロバスです。
IMG_5010
しばし、奥尻集落を見学させて頂きました。島の一周をぐるっと周る県道から丁字路を曲がったところに、役場や駐在所などの各施設が揃っています。なんと、奥尻島にはセイコマートがありました!規模の大きな島とはいえ、離島まで店舗網を張り巡らせるセコマ、頼もしい限りです。
IMG_5011
こちらは、役場全景。
IMG_5014
さて、海沿いに戻って、奥尻集落から海岸線を南下していくとほどなくして、島の観光名所「なべつる岩」が見えてきました。これ、1993年の大被害をもたらした津波で形が変わってしまったそうです。島の南端に位置して「いた」青苗集落には、このときの津波の被害がありのままに展示してあります(青苗集落では多数の死者が出ました)。奥尻島の建物はどこも、津波の被害を広範囲で受けたため、新しい堅牢な建物ばかりです。
IMG_5016
こちらは、なべつる岩近くの高台にあるマスコットキャラクター「うに丸」のモニュメント。

しばらく南下して、島の南端に向かいました。
IMG_5072
ここ島の南端に、今は広い公園が広がっていますが、昔は青苗集落が広がっていて、津波で根こそぎ持っていかれた跡地です。
IMG_5073
中心にはこのようなモニュメントと、この地下には被害を展示した施設があります。施設では、館員さんに丁寧に中を案内して頂けます。

さて、島の南端から西側(=島の裏側)に向かいます。奥尻からぐるっと南を周って最後の集落(地図的には奥尻島の裏側)にあたるのが、神威脇集落です。
IMG_4998
写真は、神威脇集落にある、神威脇温泉です。なんと、町営温泉ながらも源泉かけ流し。贅沢です。秘湯好きとしては是非とも入浴したいところでしたが、ここを訪れる数分前に島内放送がかかりまして、スピーカーから「神威脇温泉は臨時休業」とのお知らせが。

後で島民の方に聞いて分かったことですが、断水が原因の休業だとのこと。島では数日前から断水が続いていたようです。奥尻の水道は集落ごとに分かれてひかれており、他の集落では既に断水が解消したものの、神威脇ではまだ直っていなかったようです。

ちなみに、写真の神威脇温泉は現役ですが、この写真には写っていない山側にある立派なホテルは、2019年初頭に廃業しており、廃墟です。とても廃墟には見えないほど綺麗なのですが、まだ廃業から日が浅いからでしょう。この廃業が、航路2つあった奥尻の航路のうちの1つ「瀬棚航路」が休航になった遠因のようです。

なお、元ホテルだったところも含めて、奥尻島は2019年の相棒の初回スペシャルのロケ地になっていました。奥尻島の雰囲気を味わえるので、ぜひご覧ください。

さて、神威脇は町有バスだと最後の集落ですが、道道はぐるっと島を一周していますので、北側の野名前集落には車なら神威脇からダイレクトで行くことが出来ます。ただし、途中は少しダートが残っています。

IMG_5001
島の北側の野名前集落にある、町有バスの始発バス停「野名前」です。バスはこの集落から100m程南に下ったところの転回場で折り返してきます。
IMG_5002
野名前から北側を望みます。日本海側に面した集落で、道の上にある「矢印」に、北海道の厳しさを感じます。バス停もしっかりとした小屋になっていないと、寒くて待っていられないのでしょう(自分自身、冬の宗谷岬ではバス停小屋に大変助けられた記憶があります)。

町有バスは、野名前から奥尻までの島の北側を走る路線と、奥尻から神威脇までの島の南側を走る路線の2つがあります。実は近年まで町民専用だったようですが、今は誰でも乗車が可能です。本数も日に何本かありますので、是非乗っておきたい路線です。

続く
(このペイジの作成者 いし)