旅に、出た。

バス乗ったり、島行ったり。マニア2人の共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

カテゴリ: 都市交通

どうもてらです。
先日赤穂に行った際に(くわしくはこちら)で山陽電車に乗る機会があった。
いつもならば新快速で赤穂まで乗り換え無しで行くところ、18切符の期間では無かったことと、乗ったことのなかった山陽電車に乗りたかったこともあり梅田から直通特急で山陽姫路経由で行った。
_MG_4976
というわけで、ターミナル探訪編、地方私鉄のターミナルが続いていたが、今回は山陽姫路を取り上げる。
_MG_4949
商店街やロータリーが活気ある姫路のJRの駅の北側に山陽百貨店がある。そもそも山陽百貨店にあまりなじみがないかもしれない…。山陽電鉄と神姫バスの姫路を地盤とする交通事業者が株主となって1952年に設立された百貨店で姫路にのみ店舗を持つ。
_MG_4969
山陽百貨店の一角に山陽姫路駅の改札がある。
_MG_4971
ホームは1番乗り場から4番乗り場まである。番号が振られていないホームは降車専用のホーム化と思いきや柵があり降りることができない状態だった。
_MG_4970
ホームは大阪梅田方面に直通する優等と普通車で別れていた。出口から近い3,4番乗り場が大阪梅田方面の直通特急やS特急などのホームになっている。
_MG_4975
現在のダイヤでは網干方面に直通する列車が無いためかこのような案内が随所にみられた。
_MG_4978
普通と特急が15分間隔で運行されていることもあり、私鉄の終点とはいえ活気があった。


(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。
新年初めての記事になります。本年もよろしくお願いします。

元日、仕事が休みになったので、どこへ出かけようかと思案していた。
遠出しようにもどこも混んでいるだろうし…写真を撮りに出かけようにも天気がよくなかったら嫌だなぁ…。そうこうしているうちに寝正月を迎えてしまうというのが毎年恒例となってしまっていた。
重い腰を上げて、JR西日本が発売している元日乗り放題きっぷを使ってギリギリ日帰りで行けるエリアを弾丸で行ってきた。フリー切符なら混雑してても多少目を瞑ることができるだろう。

そこで、なにげなく乗ろうと思った列車がひかり441号
(ほう…ひかりなのにレールスターじゃない16両…めずらしいな)と予約サイトの座席表を見ながら思ったのだが、喫煙車がある。ということは2020年3月で定期運用から退く700系新幹線だ。最新型車両は喫煙コーナーが設置されており、座席で喫煙できる車両は700系のみなのだ。
_MG_5302
そんなわけで、長い前置きになってしまい恐縮だが新大阪から途中の新山口の乗車記録を記事にする。
_MG_5300
ひかり441号は新大阪を6:03に発車し、博多に9:23に着く列車だ。途中岡山までの各駅、福山、三原、広島から新山口の各駅、新下関、小倉に止まる。通過駅が新倉敷、新尾道、東広島、厚狭の4駅のみなので速達便との差がわかるだろう。
_MG_5298
_MG_5301
「ひかり 博多」の行先とロゴマークを一緒に
全席に充電用のコンセントがある車両が大半ななか、コンセントがグリーン車と普通車の車端部にしかない車両なので車端部に着席。
ここ2,3年で東海道・山陽新幹線に乗ったときにコンセントの無い車両にあたったことのある人、この記事を読んでいらっしゃる方にどれだけいるのだろうか…。700系の運用上、こだまの停車駅を使わない限りは臨時ののぞみでしかお世話になる機会がないので、コンセントの無い車両と言われてもピンとこない人の方が多いのかもしれない…。
_MG_5305
折角なので先頭車も写してみた。数少ない定期の700系運用ということもありギャラリーがぱらぱら居た。6時前なのに精が出るなと思うのだけれど自分もたいがいなのである。
定刻に新大阪を発車。4割以上の席が埋まっていた。広島までは先着なのだが、岡山や福山で降車が多く、座席もまばらになった。
9950 (1)
広島で後発のみずほに抜かれる。今回の目的地は新山口なので、乗り換えてもいいのだが特段急いでいるわけではないのでそのまま窓から抜かれるみずほを見送った。
_MG_5306
_MG_5307
公衆電話も、今となっては珍しいし撮っておこうと思ったのだが、ところがどっこい、最新の車両でも公衆電話のコーナーがあるそうだ。普段新幹線に乗るときにどれだけ細部まで見ていないかがよくわかる。
乗ること約2時間と少し、新山口に着いた。
もうおそらく乗ることがない700系を目に焼き付けるべく見送り、私は山口線に乗り換えた。

(追記)
アクシデントにより旅程が崩壊し、岡山駅から帰りの新大阪行きの新幹線の便がひかり444号だった。
レールスターがつかないひかりということで、一日に二度、700系新幹線にお世話になった。
9939 (1)

元日乗り放題切符を使った旅行については別途特集するので、首を長くして待っていただけると幸いです。
(このページの作成者 てら)

どもども。てらです。
恥ずかしながら、最近街歩きや乗り鉄が満足にできていない。
というわけで2016年のことになるのだが、広島市安芸区にある新交通システムに乗車した時のレポートを軽くまとめた。
スカイレールサービスは広島市にある山陽本線の瀬野駅に隣接しており、瀬野駅の北に広がるみどり坂ニュータウンを結んでいる新交通システムである。
s__MG_9773
ゴンドラと懸垂式モノレールを足して二で割ったような出で立ちである。平日の下りにも関わらず、私と友人意外に数人が乗り込んだ。
s__MG_9761
瀬野駅(スカイレールではみどり口駅と呼ばれている)からわずか5分間、2駅で終点のみどり中央駅に到着する。
s__MG_9762
スカイレールから広島市内のニュータウン事情について話が脱線してしまうが、広島市内の平野部は限られており、太田川流域と山陽本線(海田市~五日市)よりも南側の地域以外に目立った平野がない。スカイレール以外にも、アストラムラインという新交通システムが広島市では走っているが、アストラムラインも安佐北区や佐伯区のニュータウンと都心のアクセス向上が目的である。私自身、この記事を作成するにあたって地図を再確認したが、広島市内のニュータウンの多さに驚いた。
駅の周りを歩こうにも住宅地が広がっており、めぼしいものが無いので折り返し設備の様子を眺めてから15分後の列車に乗り込む。
s__MG_9759
s__MG_9763
構内はがらんとしており、二台の券売機と改札機が稼働しているのみ。係員も列車の折り返しにかかわる作業員はいるようだが、営業を行っている係員は見当たらなかった。
改札機を通り階段をあがると、プラットホームから折り返し設備を見ることができた。
s__MG_9756
奥に車両の整備等を行うであろう係員が業務にあたっているのがわかる。
s__MG_9769
スカイレールは日本でここでしか採用されていない特殊な仕組みを採用しており、ロープーウェイのように二台の車両が行き来する形を採用しているのだが、駅構内の加速、減速時はリニアモーターの稼働に切り替えることができる。
スキーのリフトのようにロープとリフトが溶接されておらず、写真のように滑車がロープを掴んだり放したりすることができるため、駅構内ではロープの動力ではなくリニアモーターのみで稼働が可能となっているそうだ。
通常のロープーウェイに比べて停車時の衝動が少ない印象を受けた。通勤利用をある程度考慮したものとなのかもしれない。
s__MG_9765
換算時でも一時間あたり4本運転されており、終電後もみどり口駅に連絡するJR瀬野駅に到着する列車との接続をとりながらジャンボタクシーが運転されているそうだ。
s__MG_9767s__MG_9768
車両は定員25名となっているが座席は8席だ。
帰りは私と友人の二人のみを乗せて発車した。
s__MG_9776
最急こう配区間からみどり口駅方向を望む。住宅団地が広がっているのがわかる。
(下手な遊園地のコースターよりもスリルがあるのではないかこれは…)
新交通システムを採用することで、このような斜面に立ち並ぶニュータウンでも安定した輸送力が可能となっている。
s__MG_9777
中間点付近でみどり口から来たゴンドラとすれ違う。

ニュータウンや住宅団地を走る新交通システムは全国でも数少なく、山陰地方を旅行した寄り道に乗ったが予想以上に興味深かった。
余談
関東ではニュータウンと新交通システムを同時に整備した例として千葉県のユーカリが丘、山梨県の桂台などが挙げられるが、後者は不具合により運転休止となっている。都心回帰や人口減少と施設の老朽化が同時に進むとこの先が明るいとは決して言えない。
街巡りと合わせてこれらの新交通システムにも乗りに行きたいなと感じている。

(このページの作成者 てら)

こんにちは てらです。
前回の小豆島編に続き、最終回はフェリーひなせで小豆島より本州へ。
小豆島は島の西側に港が多く、多くの航路が高松や岡山(新岡山・宇野)を結ぶ航路だ。しかし、今回乗船した島の北部に位置する大部港から出る日生行き、島の東側に位置する福田港から出る姫路行きの2航路は関西方面へ帰る際に使いやすい。
今回私はマイカーではなくレンタカー+公共交通機関で島を回ったため、帰りの交通の便を考えて日生港からJR線へのアクセスが容易な大部港からでるフェリーを利用することにした。
s__MG_4610
しかしながらフェリーの公式ページで、バスとの乗り継ぎ6分は可能となっていたものの焦った…。
フェリー乗り場の建物の奥には、フェリーが車の積み込みを終えて出航時刻を待っていた。
s__MG_4613
係員の人に急かされながら切符を買い、乗り込んで席にかけて一息ついたところで船が出た。
6分の乗り継ぎが可能だとはいえ、旅の最後でドタバタ劇を演じてしまった。待合室で一息つくくらいの余裕、歳相応の旅行をしたいものである。
s__MG_4614
福田港から小豆島の西側、土庄からバスで通ってきた道を眺めながら出港していく。
s__MG_4617
こちらは東側、吉田方面を望んでいる。
s__MG_4621
2019年3月末で営業を終了した1等船室、現在は普通料金で利用できる。座席がしっかりしている点やコンセントがある以外は普通船室の方が使い勝手がいい気がしなくもないのだが…。
s__MG_4622
所要時間が70分しかないこともあり、外の甲板の座席で過ごすお客さんも多かった。
s__MG_4630
あっという間に日生諸島が見えてくる。日生港はもうすぐだ。
写真は日生諸島の一つの鴻島。40人ほどが住んでいる島だが、斜面に位置している家々は別荘だそうだ。
s__MG_4634
s__MG_4636
接岸間近になると客室もひとがまばらに。あんまり一等船室と客室に差が無いような…むしろ売店が近い分こっちの方が便利かも…。
s__MG_4635
あと10分ほどで接岸するということで、折角なので船首に近い座席から日生港の景色をぼんやり眺めた。右端に見える橋は鹿久居(かくい)島に架かる備前日生大橋。鹿久居という名から連想できるように、シカが多く生息している。
s__MG_4638
日生港周辺は島々が多いうえ、船での往来が容易であることもあり。海水浴や観光果樹園、牡蠣といった海の幸を求めて多くの観光客が訪れるそうだ。
s__MG_4640
瀬戸内の海は穏やかで大きく揺れることもなく着岸。フェリー乗り場らしい建物もなくきょろきょろしていると…
s__MG_4641
駅前の道路を挟んで向かい側にフェリー乗り場があった。
_MG_4642
フェリー乗り場の隣の建物はJR赤穂線の日生駅。フェリー会社の公式ウェブサイトで、フェリー乗り場から徒歩1分と案内されていたのも頷ける。鉄道とフェリーが徒歩で乗り換えられるのは珍しい。赤穂線に乗っていて瀬戸内の島々が良く見えたのは日生諸島だったのだなと今更知る。
s__MG_4643
駅前に観光案内で日生諸島が紹介されていた。この辺は、機会を改めて18切符を使って訪れてみたいところだ。

(このページの作成者 てら)

どうもてらです。
いしの専売特許のようになっている乗船記、有人島の探訪記だが、先日小豆島へ行く機会に恵まれたので更新します。
小豆島と本州を結ぶフェリーは岡山県内を中心に複数あるが、三宮発、高松経由の夜行便は京阪神から便もよく、翌日は7時過ぎに小豆島に着くことから行動しやすい。今回は三宮フェリーターミナル25時発の小豆島坂手港行きを利用した。
s__MG_4392
スタートは深夜の三宮駅。フェリーターミナル行きのバスに乗り込む。23:30発の便は三連休前の金曜日ということもあり通路まで満員だった…写真はフェリーターミナルのバス停から撮った折り返し便のバス。
s__MG_4394
三宮フェリーターミナルは簡素だがなかなか機能的。3階建ての建物のうち、1階で乗船手続きを行う。
バスの到着直後はごった返していたのだが、20分も経つとバス以外(徒歩、自動車で乗船する人)が発券していたもののまばらだった。
s__MG_4411
建物の3階は展望スペースとして神戸の街並みを望むことができた。フェリーターミナルからポートアイランド方向を望む。
客室は多層建てになっており、2階は指定席、3階は横になれる座敷スペースが併設されている。
お客さんが多くて船内の座席の写真はない…あしからず。
s__MG_4431s__MG_4422
このフェリー便は三宮港→高松港→小豆島坂手港→三宮港というコースで航行する。
高松港に到着するとお客さんが入れ替わり目が覚める。同時に空が白んでいることに気が付く。
写真は高松を出て屋島付近を航行しているところを3階の甲板より撮影。
s__MG_4420 (1)
2階の客室の隣に併設されている土産物店はお菓子やら特産品やらお酒やら…旅行のスタートに荷物が大きくなるのは避けたいのだが見入ってしまう。
s__MG_4433
s__MG_4416
ニャンコフェリー名物のうどんを朝ごはん代わりにいただく。写真は小豆島の醤油のおかきをトッピングした小豆島うどん(400円) うどん用カウンターが船内にあり、せっかくなので景色が見える窓側のカウンターでいただいた。
s__MG_4421
s__MG_4435
午前7時過ぎ小豆島の街並みがみえてきた。
s__MG_4439
オリーブのマークが掲げられていながら「ここは醤油と佃煮の町」はて…
そんなわけで小豆島の坂手港に着岸した。
s__MG_4441
s__MG_4440
坂手港の待合室。船を降りて正面に観光案内所があり、朝早くであるにもかかわらず、係員さんがレンタサイクルの貸し出しや宿、レンタカーの予約手配の代行を行っているようだ。
ここから小豆島編へ続く
(このページの作成者 てら)