旅に、出た。

バス乗ったり、島行ったり。マニア2人の共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

カテゴリ:バス・船・飛行機 > 中国・四国

こんばんは、いしです。
20200531_宇和島全体
新幹線駅、空港のどちらも遠く、東京からも大阪からも遠いのが、四国南西部辺り。その代表都市の1つが宇和島です。上図のオレンジ色の点が、宇和島市の中心街。図が見づらいですね、拡大して頂ければ幸いです。
宇和島周辺の海は沿岸に島が散らばっており、やはりここにも離島(このブログの大切なテーマの1つ、離島です)が存在しています。
20200531_宇和島戸島」
そのうち、宇和島市に属する有人島は5つ。うち、1つが架橋され、1つは定期船が無く、残り3つが定期船で宇和島港と結ばれた有人島です。

宇和島市の離島への定期船を一手に担うのが、盛運汽船。高速船2隻と、貨客船1隻を用いて、宇和島港と各島をほぼ毎日結んでいます。

高速船は「あさかぜ」と「しおかぜ」で航路を分担しており、「あさかぜ」は宇和島市街地に近い嘉島、戸島、蒋渕半島を結ぶ担当(3便/日)。「しおかぜ」は宇和島市街地から最も遠い日振島と宇和島市街地を結ぶ担当(3便/日)。ただし、「しおかぜ」の朝の1便だけは蒋渕半島に寄港します。

貨客船「しらさぎ」は、宇和島から嘉島、戸島、日振島の順に寄港して宇和島に帰ってくる航路。1便/日の運行ですが、土休日は休航のため、曜日の都合がつかなかった今回は乗船断念。約4時間をかけてゆっくり宇和海を楽しめるので是非とも乗りたいところではあるのですが。
IMG_6577
前置きが長くなりましたが、今回は高速船「あさかぜ」で戸島へ。出発は、あさぼらけの宇和島港から。ところで、宇和島港は市街地やJR駅から徒歩15分くらいの距離で、道の駅うわじまが併設された場所にあります。
IMG_6578
昔ながらのカウンタ。ここで乗船券を購入します。
IMG_6579
建物を出てすぐ、係留中の「あさかぜ」とご対面。写真右に見切れているのが貨客船しらさぎ(この日は休航日)です。
IMG_6580
左には日振島行の高速船「しおかぜ」も係留されていました。「しおかぜ」は冬季ダイヤだと6:30発なので、このように6:35発の「あさかぜ」との並びを見られます。どちらも、すでに乗客は乗り込んでいました。
IMG_6581
「あさかぜ」の室内。すでに他の方が乗られて居たので、全景は撮れず。ちなみに、宇和島から戸島までは急行料金440円込みで、1,640円です。
IMG_6583
乗船口が船の中ほどにあって、船前方は低い位置に座席が、後方は高い位置に座席があります。この日は天気予報が晴れで、外洋を走る船でもないので揺れないとは思いましたが、前方座席通路に一斗缶を発見したので、念のため後部座席に陣取り。

船は定刻で出発。段々と明るくなる中、たくさんの養殖場がある宇和海の中を滑らかに進んで行き、早朝便ということもあっていつの間にか寝ている間に戸島到着。約一時間の快適な船旅でした。
IMG_6585
下船したのは、戸島の戸島港。第一便は、宇和島→嘉島→蒋渕半島の矢ヶ浜→戸島の小内浦→戸島の順に寄港します。戸島へは都合2回の寄港ですが、小内浦よりも戸島の方が大きな集落です。
IMG_6586
あさかぜは、ようやく日が昇り始めた戸島港を出発し、蒋渕半島に向かって出発して行きました。

※この記事の地図はすべて、地理院地図をもとに加工。
(このペイジの作成者 いし)

こんにちは、いしです。
20200429_矢井賀
久礼から矢井賀行のバスに乗り、矢井賀から志和まで歩いてきました。志和を昼に出発する第2便のバスで、四万十町の中心地、窪川へ向かいます。IMG_6526
前述の通り、四万十町の中心地である窪川から山を越えた海岸に位置する志和は、路線バスがわずか3本/日。
IMG_6527
バス停は海岸沿いの県道25号にあって、バス停から海岸を背にして振り向くと、真っ直ぐに伸びる志和のメインストリートが目に入ります。
IMG_6530
IMG_6531
IMG_6532
静かな海岸。人気はほぼなく、時折、バイクが通る程度です。バイクは矢井賀の方から、やって来ます。
IMG_6533
志和から窪川へ向かうバスは、このメインストリートを通ります。
IMG_6535
IMG_6536
メインストリートを歩くと、棒だけのバス停が。関東民からすると、伊豆半島の某バス会社を彷彿とさせます。
IMG_6537
IMG_6538
集落内は、こまめにバス停が設置してありました。ここは、志和で昼ご飯を頂ける、唯一の喫茶。地元の方も利用されています。
どうやら、矢井賀、志和辺りは地質学界隈では有名な場所だそうで、専門家が訪れることもあるんだとか。矢井賀には宿がある一方で志和には宿泊施設が無く、経済的な恩恵には繋がっていないようでしたが。
IMG_6539
こちら、喫茶全景。ホスピタリティ溢れて、おすすめです。目の前のこのメインストリート、相変わらずの道の狭さですが、一応、高知県道です。三桁県道なので、道のクオリティはお察しですが。

この集落から窪川方面へはこの県道を使って、目の前にある大きな山(志和峠)を越える必要があります。必然、バスもここを通るのですが、これがまた狭い上に標高も高く、かなりの難所です。地元の方も、志和峠は狭くて高いと仰っていました。
IMG_6540
喫茶を出て、きれいな海岸を眺めていれば、すぐバスの時刻です。
IMG_6541
やって来ました。四万十交通。こちらは窪川からやってきた便です。
IMG_6543
バスはバス停前のスペースで展開して、発車を静かに待ちます。
IMG_6544
定刻で発車。集落の真ん中を走る道を、山に向かって走り始めます。バス停はこまめに存在するのですが、我々以外に乗車は無し。
IMG_6545
次のバス停名が「志和峠」になって、初乗り運賃とは思えない額が画面に表示されると、いよいよ峠越えです。道は山道の狭さになり、右へ左へうねりながらぐんぐん高度が上がります。
IMG_6547
IMG_6548
IMG_6549
IMG_6550
IMG_6551
基本的にずっと山を登っている感覚。
IMG_6552
だいぶ上ったころ、突然、左手の車窓がぐっと開けます。
IMG_6553
IMG_6554
志和集落がはるか下に見えます。出発からすぐにこんなに高度が上がりました。窪川に向かって登っているわけですが、窪川は相当標高の高いところにあるのが分かります。翻って、志和がぎりぎりまで山に迫られた場所に位置するのが分かります。
志和線で車窓が綺麗なのは、窪川行なら進行方向左手、志和行なら右手ということになりますね。もっとも、車内はガラガラなので、どこに座っても景色は見放題ですが。
IMG_6555
IMG_6556
IMG_6557
IMG_6558
IMG_6559
雄大。
IMG_6561
峠を越えると、これまでの山の険しさが嘘のように、土地が拓けます。
IMG_6563
もうこの先、窪川までは落ち着いた田園風景の中を走ります。
20200429_矢井賀
志和線の興味深いところは、途中の「本堂」バス停で、南にある興津集落からやってくるバスと接続を取る点です。実際、本堂で興津発のバスから乗り換えてくる方がいらっしゃいました。

ほどなくして、バスは窪川の市街地に到着。最後に、窪川でうなぎを頂きました(写真は撮り忘れ)

(このペイジの作成者 いし)

こんばんは、いしです。

高知県の西部にあたる土佐久礼~窪川辺りは、鉄道が海岸線から離れた内陸部を走っていて、駅から海沿いの集落までは鉄道ではなく路線バスが走っています。地図で見ると一目瞭然です。(出典:地理院地図を加工。タップで拡大)
土佐久礼駅からは上ノ加江を経由して矢井賀までバスが走っています。また、窪川駅からは本堂を経由して志和、興津(図外)までバスが走っています。海岸沿いの集落は一歩を海、三方を山に囲まれているため、集落間の移動は難しく、バスは海沿いの集落から内陸の鉄道駅へ向かう路線のみです。
20200429_矢井賀
ここで。地図をよく見ると、中土佐町矢井賀と四万十町志和は集落が非常に近接していることがわかります。バス路線は繋がってませんが、どうやら歩いて繋がりそうです。もちろん、土佐久礼→窪川には鉄道が走ってますから、わざわざバスで越えようなどという人は稀でしょうし、例え路線バスで土佐久礼から窪川に向かおうとした場合でも、通常は、前記事で紹介したように、このような徒歩を強いられる海沿いルートではなく、徒歩なしにバスが繋がる山側の大野見経由のルートを皆さん選択されると思います。ゆえに、矢井賀から志和を徒歩で連絡する人など、皆無なのではないでしょうか。

ということで、(おそらく10年に1度レベルの、奇特な乗り継ぎではありますが)土佐久礼から、矢井賀・志和間徒歩連絡経由で、窪川までローカル路線バス旅を行いました。
ただし、ここで1つ問題が。矢井賀から志和への乗り継ぎは徒歩で移動できる距離(地図上の目算で徒歩1時間くらい)ではあるものの、ローカル路線バス同士のため、乗り継ぎが極めて悪いことが発覚。下に書いた乗継時刻表をで分かる通り、須崎駅→土佐久礼駅→矢井賀のバスは6本/日、志和→窪川駅はわずか3本/日。
同日乗り継ぎが可能なのは昼便か夜便のわずか2本の上、矢井賀から志和まで海岸沿いの山道を歩くことを考えると夜は避けたいという事情を加味すると、必然的に、土佐久礼10:43のバス便で矢井賀へ行き、志和13:15発のバスに乗り継ぐことになってしまうのです。
20200429_矢井賀志和
ますます、この乗り継ぎルートにはうま味が無いことが分かりました。しかし、路線バスに乗車するのが好きな人間としては、末端集落へ向かう路線バスを往復同じルートを通らずに乗り継げる絶好のチャンスを逃すわけにはいきません。
ということで、この日は、すべての旅程をこの乗り継ぎに合わせて決行。
IMG_6488
幸いにも、当日の天候は晴れ。矢井賀→志和の乗り継ぎに天候の心配は無くなり、熊だけ気を付けていれば良い!!上の写真は、土佐久礼の駅前のバス停です。四万十交通のバスは駅のロータリーまで入ってくるのに対して、これから乗る高陵交通のバスは、駅前の県道にしかバスはやって来ません。
IMG_6490
ちなみに、久礼駅から10分ほど海岸方面へ歩いたところには道の駅なかとさがありまして、矢井賀行のバスはそこも通るので、道の駅なかとさまで歩きました。
IMG_6491
久礼の街中を通って、海岸線に近づくと、青看板には「上ノ加江」「矢井賀」の文字が。
IMG_6493
久礼の港は静か。
IMG_6494
漁港と道を挟んで反対側に、道の駅なかとさ。
IMG_6495
バス停は、道沿いの木造小屋です。
IMG_6497
IMG_6498
IMG_6499
久礼駅からやってきたバスは道の駅で転回。

IMG_6500
バスには地元の方数人が乗車。バスは県道25号に沿って、海岸沿いの集落を結びながら南下します。
FullSizeRender
「イリカチ」バス停を過ぎると、まもなく、この路線最大級の集落、上ノ加江に到着です。カタカナのバス停を見ると四国を感じます。
IMG_6504
長い上ノ加江トンネルを抜ければ、上ノ加江に到着です。ちなみに、下ノ加江は遠く離れた土佐清水市にあります。
IMG_6505
上ノ加江では、乗っていた地元の方全員が下車。偶然かもしれませんが、ここまではそれなりの需要があるのかもしれません。上ノ加江には郵便局もありますし。

バスはこの後、県道25号に沿って、小矢井賀、大矢井賀と走っていきます。道中、運転士さんに話しかけられて会話する機会があったのですが、矢井賀→志和を歩いて乗り継いだ人は見たことがないそうです。そりゃそうですよね。不審がらずに気さくに話しかけて下さってありがとうございました。

IMG_6506
途中、工事中通行止めだった区間もありましたが路線バスということで通して頂き(その分、ダートでしたが)、無事、時刻表通り、終点の矢井賀に到着。バスはこの後近くのスペースで展開して、折返し須崎行になります。折返しには、矢井賀からご乗車の方もいらっしゃいました。
IMG_6507
さて、本当は集落を見て歩くべきなんでしょうけど、人通りもなく完全に不審者になってしまうので、県道から写真を撮るに留めました。ここ矢井賀には、バイク乗りには有名な「ライダーズイン中土佐」があるので、バイクは時折県道を通っていましたね。
IMG_6508
バスはこちらで転回。

前置きが長くなりましたが、ここからが今回のメインイベント。志和まで歩きます。
IMG_6509
県道は海岸線に沿っていますが、集落は海岸につながる川に沿っているので、上ノ加江バス停から県道を南下すると、集落はすぐになくなり、人気もなくなります。今回は同行者が居たので問題ありませんでしたが、一人で歩くとなると少し考え物な寂しさ。
IMG_6510
とはいえ、多少のアップダウンもあり、晴れていれば左手に開ける視界は大変美しいです。
IMG_6511
今歩いてきた、矢井賀を振り返ります。写真左手に奥まった湾に矢井賀があります。写真に見えている岬の向こうが上ノ加江。
IMG_6512
道はそれなりに広く、交通量も予想していた以上にありました。10分に1台くらいは車かバイクが通ったように思います。
IMG_6513
小一時間歩き、中土佐町から四万十町に入ると、まもなく、志和が見えてきます。
IMG_6514
IMG_6515
後ろを振り返ると今来た道のガードレールが山肌に見えました。
IMG_6517
志和到着。至って静かな集落です。
IMG_6520
IMG_6521
写真左手が海岸。県道は海岸と集落を防波堤のような形で遮っています。小さな青看板には、さらに真っ直ぐ県道25号が伸びており、この先の集落、大鶴津の名前が。ただ、県道25号はこの鶴津と志和の中間で途切れています。加えて、ネット情報(2019年末頃)に寄れば、小鶴津、大鶴津集落はもう無人化され、志和などの周辺集落からたまに元住民が通う程度のようです。
IMG_6522
県道25号から、海岸線とは反対側にある志和の集落を望みます。
IMG_6523
今来た道を振り返ります。県道25号が一段高くなっていますね。この電話ボックスがあるところが、四万十交通の志和バス停です。
IMG_6525
というわけで、無事、志和まで徒歩連絡が出来ました。あとは、四万十交通に乗って、窪川へ帰るだけです。

(このペイジの作成者 いし)

こんにちは、いしです。
四万十交通の路線バスに乗って、旧大野見村へ行きました。

今回のルートは上図青線の通り。土讃線の土佐久礼駅から国道を周る七子峠経由のバスで、大野見へ向かいました。ちなみに、大野見へ向かう路線バスはそれ以外にも2つありまして、1つは土佐久礼駅から県道を周る夏枯経由。さらに、窪川駅から県道19号を北進して大野見までやってくる路線の、都合3路線が存在します。山奥に向かう路線バスでこんなに路線数があるのは珍しいように思います。
IMG_6453
今回は朝の特急で高知市から大野見を目指しました。土佐久礼で特急を下車。車両は新型の2700系でした。これからこの車両が導入されていくようですから、幾度となくお世話になることでしょう。
IMG_6459
数人が下車した土佐久礼駅。他の地方駅と同じく、列車が出発した後は静寂がやって来ます。
IMG_6462
駅前にはすでに四万十交通が待機していました。
IMG_6458
乗車して発車を待ちます。
IMG_6464
9:15過ぎ。バスは出発しました。今回は七戸峠経由の大野見行です。前述の通り夏枯経由のバスはあるのですが、朝晩の1便ずつしかないため、乗車するのはかなり至難の業です。高知市から夏枯経由で大野見に行こうと思うと高知駅を朝5:39の普通列車に乗る必要があります。
IMG_6465
今回は七戸峠経由のため、バスは片側1車線あるしっかりした国道をぐんぐんと登っていきます。
IMG_6466
登り坂一本調子。高知県の土佐久礼、窪川辺りの地形は大変面白く、海ぎりぎりまで峠が迫っています。よって、道は海岸沿いの集落を出発するとすぐに険しい峠道になってしまいます。関東では体験できない光景。
IMG_6469
四万十交通も、大野見目指してぐんぐんと山を登っていきます。
FullSizeRender
振り返るとかなり険しい山々。すぐそこに海岸があるとは思えない景色です。七子峠は海岸から約6kmほどですが標高293メートルもあるのでこの険しさ。
IMG_6472
IMG_6473
峠付近は工事中でした。バスは峠付近で一瞬だけ四万十町を通ります。(他の区間は中土佐町)
IMG_6477
この辺りになると道も狭くなってきて、いよいよローカル路線バスの雰囲気が高まります。
IMG_6478
集落に入ると、車幅ぎりぎりの道路も。この辺りでは、伊豆半島の東海バス同様、バス停はただの棒一本になります。
IMG_6479
IMG_6480
IMG_6481
川沿いの少し開けたところに、旧大野見村役場がありました。土佐久礼からのバスも役場の1つ先で終点。
IMG_6482
IMG_6483
川の反対側にも集落。
IMG_6483
IMG_6485
IMG_6486
バスの本数が少ないので、15分ほどで大野見を後にし、再び、七子峠経由で土佐久礼へ戻りました。

(このペイジの作成者 いし)

どうもこんにちは てらです。

四国から大阪への帰りは、フットバスという高速バスを利用することにした。フットバスの正式名称は高松エクスプレスという会社名で、2002年から運行を開始した比較的新しいバス会社だ。
今回の旅行では、JR四国のパック旅行商品(くわしくはこちらの記事に載せています)で四国島内は特急を乗りつぐことができるのだが、四国と関西の往復には別途交通費がかかる。そこで、今回はこちらの切符を使用した。瀬戸内クルーズ&バスセット券である。
12679 (1)
フットバスの片道切符とフェリーの片道切符がセットになっているというもの。これで追加料金が必要であるが夜行便にも使用できるため、弾丸で四国に行くことも十分可能な切符だ。(詳しくはこちら
_MG_5796
そんなわけで、特急南風から乗り継いで夕方の高松バスターミナルへ。
四国島内のバスだけでなく、大阪、名古屋、東京方面のバスも発着している。
_MG_5799
今回お世話になるのはフットバスの大阪難波便。
高松から大阪方面はフットバスの他にJR四国バス、JR西日本バス、阪急バス、四国高速バスが運行しており、フットバスは大阪(梅田、難波)を一日15往復運転している。
12664 (1)
4列シートでひじ掛けも簡素なもの。
12666 (1)
しかしながら前の座席との間隔は十分確保されている。
12665 (1)
コンセントも1席に1つ用意されている。高松発車時点での乗車率は2割程度だった。
高松中央インターから高松道に入り、おおむねJR高徳線と同じルートを走行したあとに、神戸鳴門淡路自動車道、阪神高速5号線を通って大阪へと戻った。

(このページの作成者 てら)

↑このページのトップヘ