旅に、出た。

鉄道乗ったり、島行ったり。学生時代からの友人との、共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

カテゴリ:自治体探訪 > 関西

どうもてらです。
今日は大阪中心部から電車で一時間余りの温泉地について書きます。

河内長野というと、大阪南部の南河内の自治体の一つというイメージが強いと思う。富田林、大阪狭山市、羽曳野市などと並ぶベッドタウンだ。
そんな河内長野市は、近鉄長野線および南海高野線沿線に大規模なニュータウン開発を1970年代から行っていたのだが、今日はそこが舞台ではない。

もともと河内長野は高野街道のなかでも温泉が湧く宿場町として栄えた経緯がある。有馬温泉のように都心から近い温泉街として戦前に開発を進める予定だったようだが、戦後宅地開発の波もあり廃業している温泉が大半である。そのなかでもしぶとく残っているのが天見温泉南天苑である。
s__MG_0484
高野線で難波から揺られること50分、天見駅に到着。無人駅なため電車が発着する時間以外はひっそりしている。天見駅から降りて徒歩3分ほどで南天苑の建物が見えてくる。
s__MG_0723
1949年開業なのだが、…にしては建物がずっしりと古いように感じなくもない。
もともと、1913年に開業した堺の大浜にあった温泉施設を1930年代後半に現在の地に移設して今に至る。これらの建築が東京駅などの建築にも携わっていた辰野金吾のものだとわかるのはもっと後の話である。
s__MG_0709
入ってまず、いろりのある客間に驚く。
s__MG_0707
s_31377
日帰り入浴の際には併せて料理の予約が必要となるが、ゆとりのある客室に通してもらえ、料亭さながらの会席料理に舌鼓を打った。客室やロビーは、大正期のたたずまいをなるべく残しながら営業しているそうだ。
食事の後はラジウム温泉の熱めのお湯にゆっくりとつかる。露天ではないことと、客室の広さに比べやや手狭な印象を受けたが奥河内の山々の緑を臨みながら浸かることができる。
s__MG_0715
s__MG_0713
館内は3,000坪にもわたる日本庭園が丁寧に手入れされており、池のそばから南天苑の本館の建物を見ることができる。先述の通り、南天苑の本館は辰野金吾の建築なのだが、東京駅や中央公会堂のように、レンガ造りの建築が代表的であるため、細やかな意匠がこらされた和の建築を間近に見ることができるのは非常に興味深い。
s__MG_0721
身近に大正ロマンを感じれる旅館に、大阪に来た折には是非立ち寄ってみてほしい。

この記事を作成するにあたり、以下のサイトの記述に依拠しております。
建物・辰野金吾|大阪の温泉旅館 天見温泉南苑園 (公式サイトに繋がります)

(参考)
奈良ホテル…同じく辰野金吾の建築で実際に宿泊できるホテル

(このページの作成者 てら)

こんばんは。先週に続きてらです。
この記事は自治体探訪 奈良県宇陀市(室生寺)の続きです。

直行バスに揺られること40分ほど、長谷寺の境内の傍に着いた。
近鉄長谷寺駅から長谷寺までは歩いて20分ほどあるので、直行バスは非常にありがたい。
長谷寺は600年代から続く真言宗豊山派の寺社で、総本山にあたる。長谷寺にまつわる有名な伝承にわらしべ長者がある。わらしべ長者とのちに呼ばれる主人公が路頭に迷った末に参拝した神社が長谷寺で、寺を出るときに手にした「わら」をもとに億万長者になる物語である。
s__MG_1447
長谷寺は駅から寺までの参道の賑わいも有名なのだが、帰る際にゆっくりと楽しむことにしてまずは仁王門から境内に入る。
s__MG_1454

広い境内では、花々が丁寧に手入れされており、季節を通じて楽しむことができる。花の御寺と呼ばれるのもうなずける。
s__MG_1451
仁王門を通ると広がっているのが登廊である。
s__MG_1453
登廊からところどころに花を育てている花壇を間近に見ることができる。
s__MG_1459
s__MG_1466
登廊を登りきると本堂が正面にそびえる。国の重要文化財に指定されている十一面観世音菩薩立像が造立されている。なんと高さは10mに及ぶ。
s__MG_1468
本堂の舞台から初瀬の街並みを望むことができる。右手に見えるのが本坊だ。山の中腹にある景色から、観音堂ともよばれている。
s__MG_1460
s__MG_1472
s__MG_1475
牡丹やつつじの花を見ながら本坊まで降りる。5月は牡丹がおわりかけてつつじが見ごろを迎える時期だが、初春は桜、5月を過ぎるとあじさい、秋は紅葉と四季を通じて楽しむことができる。
s__MG_1473
五重塔。実は比較的建立は新しく昭和に入ってから…。
s__MG_1479
s__MG_1489
本坊から見る本堂。
s__MG_1497
s__MG_1499
長谷寺を後にすると、初瀬の参道を駅まで歩く。狭い路地にお土産屋、食事処が軒を連ねる。
初瀬の街並みは長谷寺の参道としてだけでなく、大阪方面から伊勢へのおかげ参りで栄えたそうだ。
(参考 初瀬観光協会公式)草餅をいただきながら歩くと、長い道のりもあっという間に感じる。
s__MG_1500

参道から旧坂を上がると長谷寺駅はすぐだ。行きと同じく近鉄電車にゆられ、帰路についた。

(このページの作成者 てら)

どもども。てらです。
大和四寺というのをご存じだろうか。
飛鳥時代に反映した奈良県中部 桜井、飛鳥地域にある寺社(室生寺、長谷寺、岡寺、安倍文殊院)の四つの寺院を指して大和四寺と呼ぶそうだ。 詳しくは公式サイト
このうちの室生寺と長谷寺へ2018年の春頃行ってきた。
s__MG_1391
難波から近鉄電車にゆられること一時間と少し 宇陀市の室生口大野駅で降りる。
近鉄大阪線は近鉄の主要幹線の一つだが、八尾を過ぎると住宅がまばらになり、二上の峠を越えて奈良県の香芝市を走るころには田畑が目立つようになる。東京との通勤圏との差というものを感じる。
s__MG_1392
駅前には観光案内図が貼られていた。この地域も平成の大合併により、大宇陀町から宇陀市になった。
ここから奈良交通のバスに乗ること15分。
s__MG_1393
s__MG_1394
バスを降りるとこじんまりとしているが旅館や喫茶店が軒を連ねる参道が見えてきた。
s__MG_1440
太鼓橋 寺と参道をつなぐ橋なのだが、俗世間と境内の境界のようだ。
s__MG_1401
室生寺仁王門
同じ真言宗でも、高野山は女人禁制とされていたのに対して、女性の参拝も許されていたため、江戸時代以降は女人高野という呼び名でも呼ばれていた。s__MG_1404
金堂へ向かう参道。鎧坂と呼ばれている。奥に見えているのが金堂である。
s__MG_1405
金堂
s__MG_1407
本堂(灌頂堂)室生寺は先にも述べたように密教の色が濃い自社のようで、密教の儀式の一つをここでおこなうそうだ。
s__MG_1418
国宝五重塔。これは、屋外で現存する五重塔の中では一番規模が小さいものである。しかし、法隆寺の次に古く、800年代に建立されたとされている。
s__MG_1414
しゃくなげの花が見事に咲いていた。春先はしゃくなげ、秋は紅葉が見事に境内を彩るそうだ。
s__MG_1421
s__MG_1423
折角なので奥之院(御影堂)まで足を延ばしてみる。
s__MG_1425
うっそうとした木々を縫うように階段が続く参道を歩くこと10分
s__MG_1433
大きくせり出した位牌堂がみえてくるとあと一息。
s__MG_1431
奥之院
そもそも奥之院ってなんのために建立されているかをご存じでない方も多いのではないか。
日本史をまじめに勉強していなかったことがばれてしまい恥ずかしい限りだが、開祖を祀っているのが奥之院の役割であり、室生寺の場合は弘法大師空海が祀られている。
s__MG_1396
このあと、私は元来た道を戻り、長谷寺に向かうべく直行バスに乗車した。
奈良県桜井市(長谷寺)編 に続く。

参考までに、2019年も臨時の直行バスが運行されておりますので、訪れる際に参考にどうぞ。
ニュースリリース 奈良交通 

(このページの作成者 てら)