旅に、出た。

鉄道乗ったり、島行ったり。学生時代からの友人との、共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

2019年07月

こんばんは、いしです。

IMG_3551
飯山駅で自転車をレンタルし、飯山市を少し探検しました。

駅西側に、正受庵というお寺がありました。少し高台にあります。
IMG_3573
中には、庵と鐘を鳴らす堂でしょうか。
IMG_3574
反対側にも建物が。
IMG_3576
偶然にも掃除をされているボランティアらしき方々がいらっしゃって、ご厚意で抹茶を頂くことに!お話を伺ったところ、真田にゆかりのある庵だそうで、写真手前の賽銭箱には確かに真田の六文銭が。左手には池もあり、風情のある縁側で抹茶を頂きました。
IMG_3578
実は境内は奥に広く、写真正面のお堂では、月1度、座禅を組む会が行われているようで、この日も何名かが参加されていました。
IMG_3580
後ろを振り返れば、飯山の街を少し見下ろすことが出来ます。
IMG_3582
黄色と緑に囲まれた、雰囲気のある所でした。

自転車を方向転換して南に走らせ、駅から南東に数km行ったところにある蕎麦屋へランチに向かいます。
IMG_3587
坂を昇り降りしつつ、南へ。途中、踏切で飯山線を渡ります。
IMG_3594
線路は飯山駅まで盆地を突っ切って走っています。

線路に平行した国道沿いに、富倉そばの名店がありました。
IMG_3596
IMG_3597
本来は、さらに山奥の富倉地域発祥の富倉そば。つなぎにオヤマボクチという豆を使っているのが特徴です。
IMG_3599
同じく名物である笹寿司と共に頂きました。
IMG_3600
IMG_3602
帰路では道を間違って、渡れそうで渡れないなんちゃって踏切に遭遇。
IMG_3603
もう少し飯山駅寄りの踏切まで戻った時、偶然にも列車が長野方面からやってきました。
IMG_3604
IMG_3607
景色によく溶け込んで、きれいな飯山線を拝めました。


(このペイジの作成者 いし)

こんばんは、いしです。

長野駅から、列車とバスを乗り継いで、野沢温泉へ向かいます。
IMG_3548
野沢温泉は長野県の下高井郡野沢温泉村に位置します。自治体名に「温泉」が付くのは珍しいです。公共交通で野沢温泉へ行く場合、最寄り駅は戸狩野沢温泉ではなく、飯山駅です。
IMG_3551
北陸新幹線が出来て、新しくなった飯山駅。長野県が力を入れているサイクリング・ツーリズムの拠点でもあり、駅構内にはアウトドアグッズの販売と併せて、マウンテンバイクなどの貸し出しを行うショップも存在します。
IMG_3553
さて、野沢温泉へは駅から路線バスで向かいます。ややこしいことにバスは2会社存在し、料金も切符も異なるので注意が必要。写真は各駅に停まる長電バスの野沢温泉行。駅からは800円です。もう1つは青いバスで野沢温泉ライナー。駅を出ると温泉までほとんどバス停は無く、駅からは700円で行けます。基本的に先発先着ですから、切符購入前に、両社の時刻表をチェックする必要があります。
IMG_3555
この日は、各駅に停まる長電バスの野沢線に乗車。バスは駅を出発し、木島平村(バスターミナルのある木島。元長電河東線の木島駅跡)を経由しながら、野沢温泉を目指します。ゴールデンウィークのこの日は、菜の花祭りが行われていたため、臨時の直行バスが出ており、車窓一杯に菜の花が広がっていました。
IMG_3556
バスは時折旧道に逸れて、集落で降車扱いを行いながら、野沢温泉に向けてぐんぐんと高度を上げていきます。
IMG_3558
周りの集落より道の方が高くなって少しすると、山が左右に迫ってきました。そこを抜けるとほどなくして野沢温泉村の中心地、野沢温泉に到着です。
IMG_3560
終点の野沢温泉ターミナル。
IMG_3561
温泉街は想像以上に広大で、賑わっていました。道は人が歩くのには十分の幅員。このような道が縦横に張り巡らされています。驚いたのはここを地元の人は車ですり抜けていくこと。夏はともかく、雪深い冬は大変そうです。
IMG_3564
温泉街の端の山際には、神社や寺がありました。
IMG_3566
温泉街の賑わいとは打って変わって、静寂。
IMG_3568
このような源泉の釜が街には複数あり、村民しか入れません。炊事など、家事に今も現役で使われています。
IMG_3569
帰りは、もう1つの事業者、野沢温泉ライナーで帰りました。切符は車内で購入出来ず、ターミナル構内の券売機を使わなければならないことに、手間取りました。

(このペイジの作成者 いし)

こんばんは、いしです。

地図上の青線にある赤い地点、田中駅から長野駅へ、しなの鉄道で向かいます。途中、戸倉上山田温泉へ向かいました。

温泉街を歩くのに夢中になったのと、空腹だったことも合わさって、すっかり街の写真を撮り忘れました。ただ、狭い路地にスナックやカラオケバー、宿などが密集して立っている、なかなか他にないレトロな雰囲気を醸し出している温泉街でした。少しうらぶれた姿の街が好きならば、訪れるのもありです。

田中駅からはしなの鉄道普通列車長野行で戸倉駅へ。ここは「おしぼりうどん」で有名な戸倉上山田温泉の最寄駅。
IMG_3526
戸倉駅は油槽タンクもあるようで、貨物列車が停車中でした。
IMG_3527
IMG_3529
偶然にも、駅には観光列車ろくもんが停車中でした。なかなかの乗車率。
IMG_3533
改札は下り線ホームに隣接した平屋造りで、非常にシンプル。

戸倉上山田温泉の最寄り駅とは言っても、駅から温泉街までは歩くと20分ほどかかります。タクシーか日に数本のコミュニティバスで行くのがよさそうです。(そもそも鉄道じゃなくて自家用車で行くべきです。)
IMG_3535
駅から少し歩いたところには、昔酒蔵だったお店があります。
IMG_3536
10分ほど歩いて、川を渡る橋からは左手に温泉街が見えてきます。
IMG_3537
橋の先には大きな鳥居と神社が。
IMG_3538
目当てのお店は残念ながら休業だったので、少し先にある「おしぼりそば」のお店へ。
IMG_3539
IMG_3540
大根おろしの絞り汁に味噌を溶かして、それをつけ汁にして食べる郷土料理です。美味しかったですが、胃が弱い人はきついかも。(本当は、「おしぼりそば」ではなく「おしぼりうどん」を食べようと、温泉街まで向かったのですが、休業中でうどんは食べられませんでした。要再訪です。)
IMG_3543
戸倉上山田温泉から戸倉駅へ、復路はタクシーで戻りました。丁度よい時間のコミュニティバスが無かった上に、来た道をまた20分も歩くのは骨が折れると思ったので。
FullSizeRender
再び、しなの線で長野へ向かいました。

続く
(このペイジの作成者 いし)

こんばんは、いしです。5月の連休中に、軽井沢から野沢温泉にかけて鉄道とバスで周ってきました。


【行程】
地図の青線①:軽井沢駅→(しなの鉄道しなの線)→田中駅→戸倉駅→長野駅
地図の緑線②:長野駅→(JR飯山線)→飯山駅
地図の青線③:飯山駅(点A)→(長電バス野沢線)→野沢温泉(点B)

軽井沢駅より、しなの鉄道しなの線で長野駅へ向かいます。
IMG_3495
IMG_3496
新幹線隣のホームから、小諸行普通列車に乗って出発です。20分ほどで、小諸まで行きます。しなの鉄道は国鉄時代からの車両で運行しているので、トイレが使えない以外は昔ながらの鉄道旅行の雰囲気をそのまま味わえるのが、大きな魅力でしょうか。もっとも、そろそろ新型車両に置き換えられてしまいますが。
IMG_3500
小諸では長野行普通列車に対面乗り換えです。
IMG_3501
長野行のサボが掲示されていました。
IMG_3503
小諸駅から2つ先の田中駅で途中下車。ここから少し歩いたところにある、海野宿という歴史地区へ寄り道します。
IMG_3507
田中駅は木造駅舎です。
IMG_3508
駅の北側にある駅舎から街へ出て、線路づたいに細い道を西へ2kmほど歩きます。途中いくつも分かれ道がありますが、標識が出ているので迷いにくくなっています。
IMG_3512
IMG_3513
踏切そばの宿場町入口にはわかりやすく石が鎮座しています。
IMG_3516
大きな神社が構え、その先は一本の整備された長い道に沿って、昔の街並みが続いています。
IMG_3519
IMG_3520
IMG_3522
人通りも多く、活気づいていてなかなかの観光スポットでした。

続く。

(このペイジの作成者 いし)

どうも先週に続きまして、てらです。
このページは河沼郡柳津町【奥会津探訪II】の続きです。

目次
大沼郡三島町【奥会津探訪I】 
河沼郡柳津町【奥会津探訪II】
大沼郡金山町【奥会津探訪III】 現在のページ



金山町は今回の奥会津探訪シリーズの中では只見川の上流域にあたり、会津若松から車でも一時間以上かかる地域である。今回は主に只見線沿線に位置する川口、中川、沼沢湖畔に位置する太郎布の各集落をめぐった。

まず、私は金山町の集落と只見線を一望できる撮影地へ向かうべく、沼沢湖畔へと向かった。
沼沢湖畔は火山の噴火によってできたカルデラ湖であるため、只見川沿いより少々標高が高く、夏季はキャンプ、冬はスキーなどのレジャーを楽しむことができる。
s__MG_3236
s__MG_3237
沼沢湖の湖畔を回るように車を走らせると、太郎布集落をかすめる。只見川に張り付くような集落が多い中で太郎布のような高原地域に位置する集落は珍しい。
s__MG_3248
太郎布から只見川を見下ろすとこのような景色が広がっている。奥に見えるのは金山町の公共施設が集積している中川集落。手前が大志集落である。そして、…見えるだろうか、集落をかすめるように走っているのが只見線の会津川口行きの列車である。
ここで撮影した前日に大雨が降った影響で、川の水の色がやや汚いが、空気が澄んでおり良い景色だった。
s__MG_3243
このあと、車を回して会津川口駅へ向かう。川口の集落の入り口付近で一枚
s__MG_3245
川口の集落は役場や小中学校、高校といった公共施設があり、地方銀行の支店も所在している。
只見線は水害の影響を受け、会津川口~只見区間で2011年から長期間にわたり運休しており、代行バスによる輸送が行われている。そのため、福島県側は会津川口駅が実質終着駅となっている。
列車の時間に合わせて代行バスが運転されているため、ちょうど入れ替わりに只見行きのバスが出発していった。
s__MG_3242
s__MG_3241
s__MG_3238
駅舎はJAや郵便局と併設されており、駅の売店だったスペースで観光案内所がある。驚くことに町の職員が常駐しているようだ。
完全な余談だが、公共施設と駅を集積することにより、公共交通機関の利用促進になるのではないか、というのを卒論で書こうとしていた経緯もあり、見入ってしまった。
s__MG_3265
この後、一つ隣の駅の会津中川駅へ向かう。
s__MG_3253
この駅は只見川沿いの平地に所在しているため、駅と集落が近接している。
中川駅の周辺は町民体育館や老人ホーム、役場の職員向けの宿舎など金山町に関連する建物が多くある。
s__MG_3252
先ほど撮影した列車の折り返し列車を見送ったあと、町営施設の一つである中川温泉ゆうゆう館にお邪魔した。
ん、どこからどう見ても公民館…。
受付(とはいっても町の職員さんが福祉関係の仕事をしているところの一角)で料金を支払い、熱めのお湯につかった。いかにも地域住民向けの施設なのだが、町外の観光客の利用も歓迎しているそうだ。とはいっても、職員の方が書き込んでいるリストを見る限り3日ぶりの町外利用者だったようだ…。
茶色っぽいお湯は、午前中に使った早戸温泉とは泉質が異なるのか、ちょっと浸かっただけで体全体がほっと温まるようなお湯だった。
温泉旅行をしていると感じるのだが、温泉に入っている時は体の疲れが少しずつ抜けて行って気持ちいいのに、家に帰る途中で再び疲労が蓄積してしまうのはどうにかならないものかなというどうしようもないことを考えてしまう。
残念ながらいつまでも温泉に浸かるわけにはいかず、中川温泉を後にした私は、常磐道で郡山まで出てレンタカーを返却し、新幹線を経由して東京の実家へと帰った。


(このページの作成者 てら)