旅に、出た。

バス乗ったり、島行ったり。マニア2人の共同旅ブログ

乗り物好き若手リーマン2人、それぞれの旅行記録

こんにちは、いしです。

2020年の始め、秋田市周辺のバスへ乗って来ました。
IMG_6036
今年は各地で記録的な雪不足が話題となりましたが、秋田市内もほとんど積もっていませんでした。(北秋田市に行く機会もありましたが、それほどではありませんでした。)
IMG_5981
秋田駅のバスターミナルは木材をふんだんに使用した新しいものになっていました。最近は、ICカードの導入も検討されて、サービス向上が図られているのを感じます。
IMG_5980
とはいっても、まだまだ古いバスも現役です。

この日は、(写真をすっかり撮り忘れましたが)秋田市街から旧河辺町まで行く秋田中央交通バス「岩見三内」行に乗車しました。ひたすらに秋田市内を走るため、秋田市内1日乗車券で乗車できるのが嬉しいところ。

秋田駅を出発した後、バスは東にある山へ分け入り、岩見三内へ向かいます。市内にある大学病院辺りまでは乗客も一定程度居ましたが、その後の車内はほぼ貸切状態に。

バスは県道28号に沿いながら、岩見三内を目指します。ただし、28号沿いにいくつかある新道は通らず、集落を旧道が通っている場合は、バスも旧道を通ります。

いくつかの集落では、大型バスの車幅ぎりぎりの道路を家の軒先や木々をかすめながらバスは走ります。大変、迫力があります。

IMG_5988
車窓を楽しんでいるうちに、バスは終点、岩見三内に到着。車両は、折返し場で待機です。
IMG_5989
土休日は3本/日程度しか走っていないため、なかなか乗るのが難しい路線ですが、狭隘道路、1時間近くの乗車時間と話題は豊富。

平日なら本数はいくぶんか多く、年末年始でなければ、終点の岩見三内から奥羽本線の和田駅に抜ける町営バスもあるので、それとセットで是非お勧めしたい路線です。

(このペイジの作成者 いし)

こんにちは、いしです。

2019年夏、埼玉県にある長距離路線バスの1つ、飯能~名栗車庫~湯の沢線に乗ってきました。

飯能駅から、旧名栗村を通って、正丸峠、山伏峠の手前まで、国際興業バスが走っています。
IMG_3793
出発は、飯能駅から。
IMG_3794
IMG_3795
国際興業バスで、名栗車庫まで向かいます。
FullSizeRender
この日は、偶然にも飯能で祭りが開かれていたため、バスは迂回運行。普段は飯能駅を出発した後、一度東方向にある東飯能駅を周ってから、方向転換をして西方面にある名栗村へ向かうのですが、この日は東飯能駅に寄らず、飯能駅を出てすぐに西へ向かい、飯能河原バス停へ直行します。写真は、臨時の飯能河原バス停です。
FullSizeRender
FullSizeRender
名栗へ向かう国際興業バスは、山岳観光の観光客が主な利用者。バス車内では、周辺の観光地説明が液晶パネルで流されています。
FullSizeRender
バスは基本的に県道70号をまっすぐ西進するのですが、ところどころ狭い旧道を走ります。ここは、狭隘路でのすれ違い。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
原市場という辺りは、集落の中の狭い道を通ります。
IMG_3818
約50分で、名栗村の中心集落の北の端にある名栗車庫バス停に到着です。この先、バス路線は湯の沢まで伸びていますが、終点の湯の沢まで足を延ばすバスは一日数便。30~40分に一本あるバスのほとんどが、この名栗車庫かこの先の名郷までの運転です。
IMG_3819
名栗車庫バス停。車庫というだけあって、バスが何台も待機していました。
IMG_3826
集落を少し戻って、道をそれると、「さわらびの湯」という公衆浴場があります。
IMG_3829
昼間のバス便は、集落から外れた高台にあるさわらびの湯へも寄ってくれます。さわらびの湯は、土日ともなれば登山客で大盛況。この日も大勢のお客さんがいらっしゃいました。
IMG_3830
平成の大合併前まで村だった場所にしては、かなりのバスの本数です。首都圏から日帰り圏内のパワーを感じます。
IMG_3831
さわらびの湯からは、名栗が一望できました。

(このペイジの作成者 いし)

どうもてらです。
先日赤穂に行った際に(くわしくはこちら)で山陽電車に乗る機会があった。
いつもならば新快速で赤穂まで乗り換え無しで行くところ、18切符の期間では無かったことと、乗ったことのなかった山陽電車に乗りたかったこともあり梅田から直通特急で山陽姫路経由で行った。
_MG_4976
というわけで、ターミナル探訪編、地方私鉄のターミナルが続いていたが、今回は山陽姫路を取り上げる。
_MG_4949
商店街やロータリーが活気ある姫路のJRの駅の北側に山陽百貨店がある。そもそも山陽百貨店にあまりなじみがないかもしれない…。山陽電鉄と神姫バスの姫路を地盤とする交通事業者が株主となって1952年に設立された百貨店で姫路にのみ店舗を持つ。
_MG_4969
山陽百貨店の一角に山陽姫路駅の改札がある。
_MG_4971
ホームは1番乗り場から4番乗り場まである。番号が振られていないホームは降車専用のホーム化と思いきや柵があり降りることができない状態だった。
_MG_4970
ホームは大阪梅田方面に直通する優等と普通車で別れていた。出口から近い3,4番乗り場が大阪梅田方面の直通特急やS特急などのホームになっている。
_MG_4975
現在のダイヤでは網干方面に直通する列車が無いためかこのような案内が随所にみられた。
_MG_4978
普通と特急が15分間隔で運行されていることもあり、私鉄の終点とはいえ活気があった。


(このページの作成者 てら)